スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業のアルバイトと法律

会社勤めのサラリーマンが、副業でアルバイトをするのは、法律的には問題ないんでしょうか?

法律的にはまったく問題がありません。
あれば確定申告で給与所得の計算欄はありませんから。

会社の副業禁止というのも法律的にはかなり黒に近いグレーゾーンなのです。
勤務時間外のことまで束縛を受ける必要はありません。

会社が副業アルバイトを禁止したがる理由はそれに熱心になると本業がおろそかになる、本業と内容がかぶる場合がある、会社の名前に泥を塗る可能性があるなどの理由です。


スポンサードリンク


また就業規則等で会社の機密や情報漏えいなどから副業を禁止している会社もあるのでしょう。

ですがそれらに抵触しなければ就業規則に例え副業をしたら解雇と書いてあってもそれだけの
理由では解雇できません。ただ会社での風当たりは強くなるでしょうが...。

会社は解雇するならその副業したことが会社にどのような被害等を与えたかを証明しないといけません。
それも度合いの問題です。
例えば仕事中に1、2度うとうとするぐらいでは解雇はできません。
遊びでそうなる人もいるでしょうからそういうケースでも全て解雇になっているというなら別ですが...。

会社によっては重複就労を禁じているところもありますので社内規定(就業規則等)を見直してください。
会社の規定で副業禁止などになっていなければ大丈夫です。

ただ、確定申告とか面倒な事も増えるかもしれません。給与については経理の方ならご存知かと思いますが、甲乙計算など給与が二箇所から振り込まれるので経理や人事等で分かる場合があります。

また書類の欄の○ひとつですぐに判ってしまうことが多いので確定申告などの書類の書き込みは慎重にしましょう。
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。