スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽♪儲かる副業アルバイトで高収入を稼ぐ!サイトトップ >自宅・在宅の副業で稼ぐには? >>SOHOでサラリーマンでも副業する!

SOHOでサラリーマンでも副業する!

インターネットの普及が進むにつれて注目されてきたのがSOHOというものです。
Small Office/Home Office の略で、もともとは小規模オフィスを指す言葉でした。

独立小規模事業主、個人事業者、テレワーカー、自宅副業型ワーカー。SOHOはいろいろなタイプがあるのですが、最近はインターネットなどIT、デジタル情報通信を活用した「家での仕事として、時間と場所に制限されない新しいワークスタイル」として新しい在宅副業の手段として注目されています。

SOHOの先進国アメリカでは既に4000万人以上の規模(自宅型のみの算出)です。例えばIT分野の開発、販売、サービス、宣伝企画、クリエイティブ、資格業、に代表されるベンチャー、また専門職的な人たちがされています。

スポンサードリンク


日本国内の情報・サービス系SOHOは推定600万人ともいわれています。主にパソコンなどの情報通信機器を利用した、個人レベルの新しい就業形態です。

これからもっとSOHOスタイルの副業ビジネスが増えてくるでしょう。つまり在宅副業です。
なぜならSOHOは新たな就労形態として定着しつつもあります。

高齢者や障害者のほか、育児・介護等が必要で、働く意志はあるものの、通勤が困難な人が、インターネットやモバイル通信を活用し、自宅で仕事を行うことができるSOHOは、このような人々の就労の機会を拡大し、社会参加と自己実現の機会の拡大に貢献しています。

そして、21世紀の社会経済の課題を考えると、SOHOが果たす役割は大きいです。

経済活動の面からみても、少子高齢化が進み、生産年齢人口が減少していく中、就労できなかった人々の就業を可能にし、社会全体の労働参加率を高めるとともに、就労しつつ子供を産み育てていくための環境の整備、出生率の向上に期待できると考えられてます。

さらに生活面では、通勤のために要する時間的コスト及び精神的負担の削減は、SOHOを実践するあらゆる人々のゆとりある生活の実現に貢献するとともに、交通量の低減を図ることで、環境への負荷を抑制することも可能です。

つまりこれからの時代、SOHOによるビジネススタイルの変化がおき、それにより副業ビジネスのチャンスが大きく広がるのです。

在宅副業で高収入を得る。そんな時代がきています。自宅副業、ネット副業でお金持ち。
考えただけでワクワクしてきます。

どういった副業がいいのか常にアンテナをはっておいて、いい副業情報をつかんで素早く行動をとることが成功する近道かもしれませんね^^

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。